ロゴ
HOME>イチオシ情報>歯並びが悪いままではダメ!矯正歯科で治療を開始しよう

歯並びが悪いままではダメ!矯正歯科で治療を開始しよう

模型

歯並びが悪いと起こる体への影響とは

歯並びが悪い人にとって最も気になるのは見た目でしょう。ですが問題はそれだけではありません。実は体にもさまざまな悪影響を及ぼすことがあるのです。まず、歯並びが悪いと噛み合わせも悪くなり、食べ物をきちんと噛めないために胃腸に負担をかけてしまいます。また顎の関節が悪くなって「顎関節症」になり、口をうまく開けられないだけでなく、顔の筋肉に余分な力がかかることから顔がゆがんだり、首や肩が凝ったりするといった症状がでることもあります。もちろん、歯磨きがしづらいため虫歯や歯周病になるリスクも高まるなど、歯並びの悪さは放置できない問題です。したがって、健康のことを考えても歯並びはぜひ治す必要があります。日進駅近くの歯科では矯正治療を行っているところもありますから、ぜひ相談してみましょう。

矯正のイラスト

矯正治療の方法とその特徴

歯の矯正にはいろいろな方法がありますが、最も一般的なのは歯の表面にワイヤーでつながれたブラケットと呼ばれる金具をつける方法です。これはどのような歯並びにも幅広く対応でき、費用も比較的安価で済むものです。目立つのが嫌な人や金属アレルギーの人には非金属の白や透明のブラケットという選択肢もあります。目立たない矯正には、ブラケットを裏側につける方法や透明のマウスピースを使用する方法もあります。特にマウスピースは取り外しが簡単で、歯磨きをするときには外すことができるので歯のお手入れがしやすいのが魅力です。日進駅近くの歯科では様々な方法に対応しており、歯の状態や患者さんの希望によって選ぶことが可能です。今は選択肢も多くなっているので、自分のライフスタイルに合わせたものを選ぶとよいでしょう。